沿革

昭和37年5月 資本金100万円で設立。弊社会長河合和彦の発明によるバッティングマシン「ホーマー」(トスマシン)の製造販売を主な目的とする。
バッティングマシン「ホーマー」
昭和37年7月 阪神タイガースにバッティングマシン「ホーマー」が採用される。以後プロ野球各球団をはじめ、高校野球チームなどに多数採用される。

甲子園球場でタイガースの練習に使用される「ホーマー」。右から2番目ユニフォーム姿は現役当時の村山実氏
昭和39年12月 東京楽天地に米国製ピッチングマシン「ダットレー」を納入。バッティングセンターブームの端緒となる。
昭和41年1月 全国各地にてバッティングセンター建設工事を受注。施工実績50数件に及んだことを契機にスポーツ関連工事に進出。
昭和43年4月 ヒッコリーバット他、野球用品全般に特色ある製品を開発。「ボナンザ®」印野球用品として製造販売を開始。

当時の販売商品タグ
昭和46年2月 弊社会長河合和彦の発明により、新型ピッチングマシン「カーブマシン・ホーマー」を開発。第1号機は阪急ブレーブスに採用された。

阪急ブレーブスにおけるテスト風景
中央:西本監督 左:弊社会長河合和彦
昭和50年1月 新製品「ラバーベース」を開発・販売を開始。それまでは帆布にスポンジを詰めたものが主流で耐久性・耐候性に難があったが、「ラバーベース」の登場で劇的に改善される。

「ラバーベース」発売当時のフライヤー
昭和50年10月 機械製造部門としてホーマースポーツ興業株式会社を設立。
昭和51年4月 第2次バッティングセンターブーム。より省力化・能率化したシステムを開発し全国に新設、増設。
昭和61年12月 新型マシン「ピッチングロボ」を開発、製造販売を開始。

ピッチングロボ
昭和63年4月 ゴルフ関係商品の開発を開始、ゴルフ練習場アイアン専用マット人工芝「アイアン・ターフ」製造販売開始

「アイアンターフ」
平成元年11月 新型ピッチングマシンY型三輪式カーブマシンを開発。

Y型三輪式カーブマシン
「ホーマースター」
平成6年8月 バーチャル画像、スクリーン方式で実用新案申請
平成7年5月 「屋外での投球フォーム映写用スクリーン装置」の特許取得。日本プロ野球OBクラブと画像用投手モデルの契約を結び、画像マシンの製造販売を開始。
平成9年5月 「投球フォーム映写用スクリーンプロジェクターの映写室」の特許取得。
平成13年6月 神戸明石トレーニングセンター「ザ・リンクスゴルフクラブ」営業開始(運営:ホーマースポーツ興業株式会社)